観光地

豊根村富山区の文化財面形舞
御神楽祭り(豊根村富山地区)
※2018年10月に発生した台風24号の影響により、県道426号線が通行止めとなっています。
また祭り当日、富山区内 宿泊施設は休業となります。
2019年の祭見学を楽しみにされていたお客様には申し訳ございませんがご了承の程よろしくお願いいたします。

御神楽祭りは豊根村富山区の熊野神社において毎年1月3日から4日の両日に開催される湯立神楽です。
湯立とは、釜にたぎる湯を神にささげてその湯を自分たちもいただく事で穢れを祓い、命の再生を願う祭りです。
『神迎え』『神遊び』『神返し』と続く祭りは、笛や太鼓に合わせて神事や舞で構成され、釜の周りでは湯立てをはじめ様々な行事が奉納されます。
村人が面をかぶって演じる神々のユーモラスな面形舞は、能楽の原型である猿能楽であるといわれています。
村人のお囃子とともに、是非ご堪能ください。
住所 愛知県北設楽郡豊根村富山字大谷4番地 アクセス
営業時間 トイレ
料金 クレジットカード
定休日 バリアフリー
電話番号 周辺施設 とみやま来富館
森遊館
駐車場 なし    
ホームページ

Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

コンシェルジュからのメッセージ

毎年1月3・4日の両日に開催される御神楽祭り。新しい魂を体内に迎え、生まれ清まって新しい年がはじまります。

特長

  • 演能 どんずく
    二人の氏子で舞う獅子舞。みかんを食べます。

  • 演能 鬼神
    鬼神(きじん)さま

  • 演能 兄弟鬼
    兄鬼の舞を太鼓に座った弟鬼が見ています

  • 演能 兄弟鬼
    兄弟鬼の舞です

  • 演能 禰宜様
    禰宜の舞です。祈祷をします。

  • 演能 しらみふくい
    しらみふくいのユーモラスな舞です

  • 演能 女郎面
    女郎面の舞です

このスポットの写真を投稿する

アクセス

公共交通機関でお越しの方
JR飯田線 大嵐駅
お車でお越しの方
新東名高速道路 新城IC⇒R151⇒浦川⇒佐久間ダム *カーブ多く、大型ダンプカー、凍結に注意必要

備考

印刷

閉じる