観光地

動きの迫力に圧倒される!
貝津田の棒の手
東三河で唯一開催される棒の手です。邪気祓いや奉祝の祭礼とされ、もともとは農民が身を守るために、棒を使って訓練をしたことから始まったとされます。
棒の手には流派が様々に存在しますが、ここ貝津田では起倒流が受け継がれています。真剣・真槍・十手等を用いた実演の迫力は素晴らしく、観客たちは息をのみます。
住所 愛知県北設楽郡設楽町西納庫貝津田 アクセス JR飯田線「本長篠駅」から豊鉄バス田口乗換、町営バス「貝津田」下車すぐ
営業時間 毎年8/19の20時頃より トイレ
料金 クレジットカード
定休日 バリアフリー
電話番号 0536-62-1000 周辺施設 天狗棚、面ノ木園地
駐車場 なし    
ホームページ

Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

コンシェルジュからのメッセージ

東三河で唯一開催される棒の手です。邪気祓いや奉祝の祭礼とされ、真剣・真槍・十手等を用いた実演の迫力は素晴らしく、観客たちは息をのみます。
夏の夜に行われる圧倒されるようなお祭り。ぜひ一度ご覧あれ!

特長

  • 演舞会場
    諏訪神社境内に土壁のままの年代ものの小屋があります。

  • 諏訪神社
    ご祈祷があげられていました。

  • 棒の手保存会
    保存会の方は地区の各戸を回り、5分ほど演舞を披露します。

  • 地区のお宅へ
    約10軒のお宅を1時間半かけてねり歩きます。

  • 奉納
    演舞を奉納します。エモノは棒、刀、槍、薙刀、十手など様々です。

  • ねり歩き
    提灯を灯し、法螺貝を吹いて移動します。

このスポットの写真を投稿する

口コミコメント

このスポットへ投稿する

貝津田の棒の手   » このスポットの他の口コミを見る
演劇でいう殺陣に似ているといった方がいいのでしょうか? 本当に当たれば切れる刃物を用いた演舞というものを初めて見ました。緊張感そのものが面白いと感じました。
投稿:
'11/08/20
訪問:
'11/08/19
おススメ度

貝津田の棒の手» このスポットの他の口コミを見る

投稿:
'11/08/20
訪問:
'11/08/19
おススメ度

演劇でいう殺陣に似ているといった方がいいのでしょうか? 本当に当たれば切れる刃物を用いた演舞というものを初めて見ました。緊張感そのものが面白いと感じました。

アクセス

公共交通機関でお越しの方
JR飯田線「本長篠駅」から豊鉄バス田口乗換、町営バス「貝津田」下車すぐ
お車でお越しの方

備考

電話番号は設楽町観光協会のものです。
所在地は諏訪神社の住所です。

印刷

閉じる