観光地

愛嬌たっぷりの伝統の舞
参候祭
令和2年度参候祭は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止となりました。

-------------------------------------------------------
11月の第2土曜日に開催される、七福神などと称宜の問答や、軽妙で愉快な舞のユーモラスさが観客を沸かせるお祭りです。
およそ400年前から伝わるとされるこのお祭りは、七福神の問答の始めに「さんそうろう(参候)某は○○にて候」と名乗ることからこの名がついたと言われています。
昼過ぎから御輿で始まり、夜の7時頃より七福神が登場して盛り上がります。9時過ぎまで祭礼は行われます。
県の無形民俗文化財に指定されています。
住所 愛知県北設楽郡設楽町三都橋内貝津2 アクセス JR飯田線本長篠駅→豊橋鉄道バス田口方面行き 約30分→田峰で町営バス三都橋方面行きに乗換 約10分→折立下車 徒歩約3分
営業時間 トイレ
料金 クレジットカード
定休日 バリアフリー
電話番号 0536-62-1000 周辺施設 田峯観音、田峯城
駐車場 なし    
ホームページ

Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

コンシェルジュからのメッセージ

神仏混淆という珍しく、笑いありの穏やかな祭礼です。地元の方が餅投げや無料の甘酒などを振舞ってくれます。

特長

  • 舞処
    中央には湯釜、松明が置かれ、その周りを七福神が舞います。

  • 珍妙問答
    七福神と禰宜(ねぎ)の問答が聞きどころ。

  • 湯釜
    湯立ての釜の湯を神々に献げて退場。

  • 恵比寿
    釣竿と鯛を抱えています。七福神の面も様々。

  • 弁財天
    唯一の女性、シャナリシャナリと回ります。

  • 福禄寿
    かなり大きな面をつけています。

このスポットの写真を投稿する

口コミコメント

このスポットへ投稿する

参候祭   » このスポットの他の口コミを見る
大黒天が突然、見物していた自分の方に突っ込んできて驚かされました。しかも手には本物を模った男根。ある意味、凄い祭りです。
投稿:
'11/11/14
訪問:
'11/11/12
おススメ度

参候祭» このスポットの他の口コミを見る

投稿:
'11/11/14
訪問:
'11/11/12
おススメ度

大黒天が突然、見物していた自分の方に突っ込んできて驚かされました。しかも手には本物を模った男根。ある意味、凄い祭りです。

アクセス

公共交通機関でお越しの方
JR飯田線本長篠駅→豊橋鉄道バス田口方面行き 約30分→田峰で町営バス三都橋方面行きに乗換 約10分→折立下車 徒歩約3分
お車でお越しの方

備考

電話番号は設楽町観光協会のものです。
所在地は津島神社の住所です。
神社に駐車場はありませんので、国道420号線の路側帯が広い箇所を利用して下さい。

印刷

閉じる