アスリートや健康に関心の高い方にお勧めのレシピ

絹姫サーモンのヴァプール つくしんぼうの会の“柚子胡椒”と ヨーグルトのソース 豊根村産のブルーベリーを添えて

一流フレンチシェフ ホテルアークリッシュ豊橋 今里総料理長考案の、奥三河の食材を使った、身体の内側から美しくなるためのレシピ。
本格的なフランス料理でありつつも、家庭で再現できる手軽さを両立。
疲労回復、栄養補給といった、激しい運動をした後の身体にも配慮した、ヘルシーなレシピになっているため、アスリートの方におススメです。
高たんぱく質で、疲労回復、体の冷えを抑える効果のある栄養素を含むサーモン。
中でも美しいサーモンのオレンジ色は人間の体内では作ることができない、アスタキサンチンという強力な抗酸化力がある栄養素からきています。
ヘルシーに、ふっくらと蒸した絹姫サーモンに冷たいヨーグルトのソースをかけて。
隠し味の柚子胡椒のピリッとした味わいが記憶に残る逸品です。

このレシピで使われている商品はこちら

絹姫サーモン

材料(1人前)

作り方

1.サーモンは骨・皮を取り除きカットする。玉ねぎ・柚子をスライスする。
2.クッキングシートを敷いたバットに、玉ねぎスライスを置き、その上に両面に塩胡椒をしたサーモンを置く。サーモンの上から白ワインとオリーブオイル①をかけ、ハーブ・柚子の輪切りを載せて15分蒸す。
3.ヨーグルトソースを作る。ボウルでヨーグルト・アマニオイル・オリーヴオイル②・柚子胡椒を混ぜ合わせ、刻んだハーブを入れ塩胡椒で味を調える。
4.お皿に玉ねぎ・サーモンを盛りヨーグルトソースをかけ、ブルーベリーとレッドチャードを飾り付けたら完成。
今里 武

レシピ提供 ホテルアークリッシュ豊橋 今里 武 総料理長
フランス料理界のリーダーのひとりでもある上柿元勝氏のもと、ハウステンボスホテルズの各レストランで修業。その後、大阪・京都など関西地区のレストランで経験を積む。
2008 年ホテルアークリッシュ豊橋の開業時の RESTAURANT KEI 料理長などを経て、2014 年に総料理長に就任。
開業より創り上げてきた素材の良さを最大限に引き出す五感で愉しめる料理と、豊橋・東三河の豊潤な山海の幸を使った「地産地消」のコンセプトを継承。
“料理を通して豊橋・東三河地区の食育の発展に根ざしたい”という思いから、「ルソン・ド・グゥ(味覚の授業)」の指導員としても活躍する。
また、「日本エスコフィエ協会」の会員でもあり、フランス料理の発展と普及、料理人のための活動や社会貢献に取り組む。
【シェフからのコメント】
奥三河の豊かな自然が育んだ滋味あふれる食材を ふんだんに使い、ご家庭でも召し上がっていただけるコースレシピ(4品) に仕上げました。ぜひ、アスリートの方々にお試しいただきたい、奥三河発のレシピです。
【ホテルアークリッシュ豊橋公式HP】
https://www.arcriche.jp/