1. HOME >
  2. コラム一覧 >
  3. 秋の星座の神話にまつわる話

奥三河星空コラム

秋の星座の神話にまつわる話

秋の星座の神話にまつわる話

 一般的に秋の星座には、明るい星が少なく、一等星は、みなみのうお座のフォーマルハウト、一つしかありません。しかし、秋の星座には豊かな神話の物語があります。多くの方がご存知のカシオペヤ座にまつわる秋の星座の物語をひとつ紹介しましょう。

 エチオピアの王ケフェウスと王妃カシオペヤにはアンドロメダという娘がいました。アンドロメダは大変美しく、その美しさは王妃カシオペヤの自慢でした。王妃カシオペヤは娘の美しさを誇らしく思うあまり「アンドロメダは海の神ポセイドンに仕える妖精レネイド50人の姉妹たちよりずっと美しい」と自慢するようになりました。それを聞いた海の神ポセイドンは大激怒。エチオピアの国に巨大な化けクジラを送ったのです。化けクジラが暴れるたびに大津波がエチオピアの国を破壊していきました。困ったケフェウス王は神々にお伺いをたてます。すると神々からは、アンドロメダを化けクジラの生贄にすれば海は静まるだろうとお告げがくだされました。アンドロメダは生贄になるために海の近くの岩に鎖でつながれました。アンドロメダが化けクジラに食べられようとするまさにその時、天馬ペガススに乗った勇者ペルセウスが現れたのです。ペルセウスは怪物メデゥーサを退治した帰りだったとか…。ペルセウスは化けクジラを退治しその後ペルセウスとアンドロメダは結婚して末永く幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。

 さて、ここの登場したアンドロメダ姫、勇者ペルセウス、カシオペヤ王妃、ケフェウス王、天馬ペガススに化けクジラは天に昇って星座になっています。頭の真上天頂付近にある大きな四角形がペガスス座とアンドロメダ座、北東にはペルセウス座、南東からはくじら座が昇ってきます。北の空にはケフェウス座とカシオペヤ座が夫婦仲良く並んでいます。

 この神話の物語には出てきませんでしたが南の空にはみずがめ座と秋の星座唯一の一等星みなみのうお座のフォーマルハウトが輝き、西の空にはまだ夏の大三角が見えています。

 秋の夜長に外に出て神話の世界に浸りながら秋の星座をさがしてみてはいかがですか。この時期の夜はたいへん冷え込みますので防寒対策を十分にしてくださいね。

コラムby奥三河☆星空の魅力を伝える会 後藤修一
KEYWORD
#秋の神話 #神話 ##カシオペヤ座