モデルコース

武田と菅沼氏 新城に残る歴史

POINT
野田城は武田信玄の最後の城攻めとなった地とされます。信玄が鉄砲で撃たれたという場所も残っています。
お帰りの前にはグリーンセンターしんしろでお土産もご覧になってください。この地域の名産品が並んでいるので、見るだけでも楽しめますよ。

モデルコース詳細

01

野田城跡

永正5年(1508)菅沼新八郎定則が築城しました。信玄が鉄砲で撃たれ傷をうけたという話が伝わっています。

詳しく見る

02

ナザレうどん

地元で有名な上品なうどん屋さんです。オリジナル看板メニューの肉うどんもいけます。

詳しく見る

03

法性寺

元亀4(1573)年、野田城を攻めた折、武田信玄が野田城内の見事な笛の音に聞きほれていたと云われる場所です。
城内から鉄砲で撃たれ負傷し、その傷が元で信玄は間もなく亡くなったという伝説が残っています。

詳しく見る

04

泉龍院(菅沼定則の塚)

1505年(永正2)に野田城を築いた野田城主初代菅沼定則の塚があり、近くには泉龍院を創設時、沼地の一部を残した「龍神池」があります。

詳しく見る

05

グリーンセンターしんしろ

JA産直施設。
JA特産の「自然薯」、日本の名水にも選ばれた豊川の水で育まれた「美味しい」お米など取り揃えています。
また、四季の草花や園芸用品・肥料・農薬から農業資材やペットフードまでを取り揃えています。

詳しく見る

ページの上部へ戻る

キラッと奥三河ナビMENU

検索する

季節のおすすめコンテンツ

奥三河の秋旅
奥三河 星空写真コンテスト

English

Chinese