検索結果

国の名勝天然記念物
乳岩・乳岩峡

印刷用ページ
【ご注意ください!】
乳岩峡は、携帯電話の通じないところがございます。ご注意ください。またこのコースは、上級者向けコースです。
服装等にも十分ご配慮いただきますようご案内申し上げます。
乳岩・乳岩狭には、足場の悪い箇所があります。転倒事故も発生しており、軽装では大変危険ですので、登山靴や運動靴等の装備でお越しください。
交通ルールを守る、車を所定の場所以外には停めない、ゴミは持ち帰るなど、マナーの厳守をお願いいたします。

【注意 乳岩峡駐車場について】
・登山口近くの駐車場は大変混雑いたします。乳岩峡駐車場案内図をご覧いただき、他の駐車場をご利用ください。
・登山口近くの駐車場までの道路は道幅が狭くすれ違いが困難です。ご注意ください。
・宇連ダム側駐車場及びJR三河川合駅駐車場から乳岩峡登山口までの道路には歩道がございません。車にご注意ください。
※当ページ「ホームページ」欄リンク先より乳岩峡案内図をDLできます。

【2020年度 乳岩峡へお越しになられる方へお願い】
本年は多くのお客様へご来場をいただいております。
ご案内をさせて頂いている駐車場が満車の場合、恐れ入りますが他スポットへお周りください。
全ての駐車場から乳岩峡登山口までの道は幅が狭くすれ違いが困難なため、路上駐車はご遠慮ください。

今後も皆様に乳岩峡をお楽しみいただく為、ご理解とご了承をお願いいたします。

----------------------------------------------------
【乳岩峡について】
凝灰岩中に含まれる石灰分が溶け出して天井部に乳房状の鍾乳石を作っており、乳岩の由来となっています。
乳岩の洞窟にはたくさんの観音様が祀られているほか、山頂近くには通天門といわれる天然石門があり、見る人を圧倒します。渓谷美と奇岩が織りなす絶景は、訪れた人々に感動を与えてくれます。
住所 新城市川合 アクセス 「新東名」 新城IC~車 18km(27分)
豊川IC~車約75分 36km
営業時間 トイレ 乳岩入口にあり
料金 クレジットカード
定休日 バリアフリー なし
電話番号 0536-29-0829(新城市観光協会) 周辺施設 ・宇連ダム(0536-33-0021)
・大島ダム(朝霧湖)
・名号温泉 うめの湯(0536-33-5126)
駐車場 20台    
ホームページ https://www.okuminavi.jp/_upfiles/pamphlet/file/16f0a9d7c7c853443a9374b35baa2a3f.pdf

Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

住所 新城市川合
料金
電話番号 0536-29-0829(新城市観光協会)
駐車場 20台
アクセス 「新東名」 新城IC~車 18km(27分)
豊川IC~車約75分 36km
トイレ 乳岩入口にあり
バリアフリー なし
周辺施設 ・宇連ダム(0536-33-0021)
・大島ダム(朝霧湖)
・名号温泉 うめの湯(0536-33-5126)

コンシェルジュからのメッセージ

国の名勝天然記念物。凝灰岩中に含まれる石灰分が溶け出して天井部に乳房状の鍾乳石を作っており、乳岩の由来となっています。
渓谷美と奇岩が織りなす絶景は、訪れた人々に感動を与えてくれます。

アクセス

公共交通機関でお越しの方
JR飯田線「三河川合駅」下車 徒歩約25分
お車でお越しの方
豊川ICーR151新城方面直進(豊川ICから65分 33km)-名号信号過ぎてJR三河川合駅方面へー案内板にしたがって(6分 2km)-乳岩入口
ナビ:新城市立鳳来東小学校(0536-33-0336)

備考

地元の方の話によれば、乳岩を煎じて飲むとお乳の出がよくなると信じられ、削って飲んでいたそうです。そのためか、今はかなり削れてしまってます。ちなみに現在では一帯の岩山は文化財保護法などで保護されているため、傷つけたりすると罰せられることもあるのでご注意ください。
入口駐車場より乳岩一周は約1時間かかります。登山道入り口から5分位は川の岩場を行くので、濡れている時は特に注意が必要です。
途中には急なハシゴ有り。1時間で一周出来るので小学生くらいのお子様でも楽しめるハイキングコースになってます。

季節のおすすめ情報

季節のおすすめ情報

奥三河の秋旅

新城・奥浜名湖 井伊家ゆかりの地を巡る
奥三河 旬の花特集
ページの上部へ戻る

キラッと奥三河ナビMENU

検索する

季節のおすすめコンテンツ

奥三河の秋旅

English

繁體字

简体字

한국어