検索結果

夏の夜の風物詩といえば
津具ほたるの里

印刷用ページ
津具では6月中旬~8月中旬にかけて、川辺や水田でホタルが飛び交う様子が見られます。過去には河川の氾濫や農薬汚染などで激減しましたが、村民の自主的な保護活動により、年々ホタルの数も増えつつあります。
「ほたるの里」はホタルを楽しむ観察施設として作られ、6月から7月中旬にはゲンジボタルを、7月上旬から8月中旬にはヒメボタルを見られます。
夏の夜に幻想的に舞うホタルの姿をお楽しみください。
住所 愛知県北設楽郡設楽町字大島 アクセス 県道428号を設楽町津具字売沢(からさわ)の三叉路を北西に売沢橋を渡りすぐに三叉路を北東へ350m。
営業時間 トイレ
料金 クレジットカード
定休日 バリアフリー
電話番号 0536-83-2301(津具総合支所管理課) 周辺施設
駐車場 あり    
ホームページ

Webページの更新時期により、こちらに記載した内容は現在と異なる場合がございます。
念のため、新しい情報をご確認いただきますようお願い致します。

※左右にフリックすると表がスライドします。

住所 愛知県北設楽郡設楽町字大島
料金
電話番号 0536-83-2301(津具総合支所管理課)
駐車場 あり
アクセス 県道428号を設楽町津具字売沢(からさわ)の三叉路を北西に売沢橋を渡りすぐに三叉路を北東へ350m。
トイレ
バリアフリー
周辺施設

コンシェルジュからのメッセージ

ホタルの鑑賞には一般的に曇りで湿度が高く、風が無く、少し蒸し暑い夜(津具のこの時期なら20℃ちょっと位になります)が良いといわれていますよ。運がよければホタルの群れが見られるかも!
夏の風物詩・ホタルを見に、ぜひお越しください!

アクセス

公共交通機関でお越しの方
お車でお越しの方
県道428号を設楽町津具字売沢(からさわ)の三叉路を北西に売沢橋を渡りすぐに三叉路を北東へ350m。

備考

設楽町津具地区では現在、ゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタル、オバホタルの四種類のホタルの生息が確認されています。

季節のおすすめ情報

季節のおすすめ情報

奥三河の冬旅

新城・奥浜名湖 井伊家ゆかりの地を巡る
奥三河 旬の花特集
ページの上部へ戻る

キラッと奥三河ナビMENU

検索する

季節のおすすめコンテンツ

奥三河の冬旅

English

繁體字

简体字

한국어