トピックス

トピックス一覧

13件中1~5件目を表示中

豊根村のブルーベリー摘み取り園 開園情報
愛知県最高峰ブルーベリーの里、豊根村。

寒暖差による甘みは、豊根村だからこそ!

生産者さんの愛情もおいしさの秘訣です。



村内には9カ所の摘み取り農園があります。

村内でも標高差があるため、ブルーベリー農園の開園日は異なり、標高の低い農園から順に摘み頃を迎えます。

開園状況は各農園への事前お問い合わせをおすすめいたします。



夏の気温は平均28℃で爽やかな風が通ります。

新鮮なブルーベリーをお楽しみください。

詳細は下記URLリンク先をご覧ください
詳細を見る

寒狭川中部 鮎が解禁となりました
2021年6月27日(日)、新城市 寒狭川中部の鮎が解禁となりました。
年券はつりチケHPからご購入いただけます。
是非ご利用ください。
詳細を見る

フリーペーパー「東栄町のじかん」最新号が発行されました
東栄町観光まちづくり協会が発行しているフリーペーパー「東栄町のじかん」の最新号を発行しました。

今回は、東栄町の旬な情報として「ホタル」を紹介する内容となっております。東栄町で鑑賞できるホタルの楽しみ方について、まちの事業者の皆さんの紹介とともに掲載しています。また、中面では東栄町の錦爽鶏についてのグルメ情報も紹介しています。そのほかにも、町の旬な情報や最新情報をお伝えする内容となっておりますので、ぜひお手に取って読んでいただければと思います。

フリーペーパーは順次、東栄町内施設や各飲食店、近隣道の駅等への配布していきますのでぜひ、お手に取ってご覧いただければと思います。

また、いつも通りオンラインでも内容はご覧いただけます。
ダウンロード版は公式HP「東栄町のじかん」よりお願いいたします。
詳細を見る

設楽町 御城印 販売開始について
◆設楽町 御城印 販売開始について

設楽町歴史の里 田峯城では田峰観音総代の揮毫による「田峯城ご城印」が購入できます。
是非お求めくださいませ。(田峰観音は田峯城の守護のため創建し、田楽は田峯城主・菅沼定忠が新城市の大輪にある薬師堂奉納されていたものを移したという由来があります。)
■田峯城販売御城印■
【価格】1枚300円(税込)

またこの度、設楽町観光協会では令和3年3月1日より、設楽町観光協会窓口にて、設楽町の10城の「御城印」の販売を開始します。戦国時代に思いを馳せながら、御城印集めをお楽しみください。
【価格】1枚300円(税込)/10枚セット3,000円(税込)
【城名】長江城・清水城・小鷹城・湯谷城・田峯城
    岩古谷城・田内城・寺脇城・鍬塚城・津具城(10城)
【販売場所】設楽町観光協会
※「バラ売り」「まとめ売り(10枚セット)」どちらも可能です。

~設楽町観光協会御城印の案内について~
【注意事項】
●販売場所は「設楽町観光協会」窓口のみです。
●施設の休業日(土、日、祝)には「御城印」の販売はございません。
●郵送等による販売は行いません。(現地販売のみ)
●通常でない枚数を購入される場合、理由を確認いたします。(転売禁止)

 
【城名揮毫について】
「城名」「登城記念」「日付」はすべて、設楽町出身の金田英硯氏(金子聴松氏及び権田穂園氏に師事)に揮毫していただきました。

【御城印購入と併せて設楽城砦めぐりを希望されるお客様へ(お願い)】
●御城印購入時に山城案内図をお配りいたします。
●田内城、清水城、寺脇城、長江城は最寄りの駐車場から案内サインに従って徒歩で巡ることができます。
●津具城、岩古谷城の現地案内サインは現在整備中です。整備後に訪問願います。
●湯谷城址、小鷹城址、鍬塚城址は現地のサインは未整備です。今後、整備も未定です。
●城址は一部私有地も含まれています。訪問される場合はコース外への侵入をご遠慮いただき、ごみの持ち帰り等にご協力をお願いします。

【「山城攻略之印」押印について(令和3年3月1日時点)】
●各城址の本曲輪に設置した「説明板」と「ご自身」が一緒に写った写真データ(ご自身のデジタルカメラやスマートフォンで可能)を設楽町観光協会窓口に持参していただきますと「山城攻略之印」を押印いたします。
●令和3年3月1日時点では、長江城、清水城、田内城、寺脇城は本曲輪看板を設置済です。岩古谷城、津具城は整備中です。
設楽山城めぐりパンフレットについて
現在、縄張り図、城歴、立地、見どころ等をまとめたパンフレットを制作中です。今しばらくお待ちくださいませ。

 
【ご来訪について】
今回は御城印販売は、設楽町山城ファンの皆様へ先行販売として実施いたしますが、在庫は十分ご用意しておりますので、どうぞご訪問はご無理なさらず、ゆっくりとご計画くださいませ。
詳細を見る

道の駅したらがOPENしました
奥三河郷土館と商業施設を持つ新しい形の道の駅が誕生します。
廃線となった旧豊橋鉄道田口線の木製車両展示や日本酒体験工房、奥三河郷土館など地域の歴史や文化に触れる施設が充実しています。
産直野菜の販売やお食事もお楽しみいただけます。

◇施設について
【地域産業振興施設】
1F『清嶺市場』『清嶺食堂』
2F『日本酒体験工房』『観光協会事務局』
開館時間:午前9時から午後5時まで
定休日 :年中無休(施設管理のための臨時休業あり)
※トイレ・情報コーナーは24時間開放

【奥三河郷土館】
開館時間:午前9時から午後5時(受付は午後4時30分まで)まで
定休日 :火曜日定休(祝日の場合は翌日)/年末年始(12月29日~1月3日)
入館料 :大人300円 小中学生150円 未就学児無料

【田口線車両展示施設】
開館時間:午後9時から午後5時まで
定休日 :火曜日定休(祝日の場合は翌日)/年末年始(12月29日~1月3日)
道の駅したら通信 
住所:設楽町清崎字中田17-7
アクセス:
【車】 [東名高速]豊川IC→151号線→257号線(60分)
    新東名 新城IC→151号線→257号線 (30分)
【電車】JR本長篠駅からバス「田内」下車、徒歩5分
駐車場 :あり(普通車40台 大型4台)

住所:設楽町清崎字中田17-7
アクセス:
【車】 [東名高速]豊川IC→151号線→257号線(60分)
    新東名 新城IC→151号線→257号線 (30分)
【電車】JR本長篠駅からバス「田内」下車、徒歩5分
駐車場:あり(普通車40台 大型4台)
詳細を見る

13件中1~5件目を表示中

ページの上部へ戻る

キラッと奥三河ナビMENU

検索する

季節のおすすめコンテンツ

冷やしあいち

English

繁體字

简体字

한국어